最近の記事

2022年11月30日

1/72 スピットファイアMk.1a (エアフィックス)を作る

DPP00000454.JPG
AIRFIX1/72のスピットファイアMk.1aをサクッと作ってみます。脚引き込み状態のパーツも入っているので飛行状態にしちゃいましょう。
※このキットは、大昔に買ったA01071A版です。今現在広く流通しているのは A01071B版でボックスアートやデカールが違うようです。

昨晩寝る前にエアフィックスのスピットと目が合ったので翼とコックピットをおもむろに接着。この週末での完成を目指しましょうか。
DPP00000421.JPG

AIRFIX 1/72 スピット1a、コックピットはどうせ殆ど見えないので(マテ)、こんな感じで。パイロットも適当に塗って乗せたけどブーツの先を少し切ると座席への収まりが良い。機内色は特色が見当たらなかったのでザクの緑色吹いてウェザリングカラー。30分じゃ終わらなかったけど1時間はかかってない。
DPP00000422.JPG

DPP00000423.JPG

DPP00000424.JPG
こうやってアップの写真に撮ると粗いですが、肉眼で見る分には十分な解像度かと思います。1/72ですしキャノピーのクリアパーツもそれなりに厚くて歪みますしね(^^;

昼飯前に士の字まで。胴体標識灯のところに2mmの穴開けて真鍮棒刺して簡易スタンド〜♪
DPP00000425.JPG

DPP00001400.JPG

翼と胴体の継ぎ目もそんなに苦労せずに消せたので確認にちょいサフ吹いてみるか。スピット的翼後縁から胴体につながる逆ガルラインもイイ感じ。今日中に塗装に入れるかな。
DPP00000427.JPG

DPP00000428.JPG

AIRFIX1/72 スピットファイアMk.1a、組み立て終わったところでパチリ。脚は引き込み固定の飛行姿勢モデルとして組んだけど、プロペラ軸は接合部を削り込んで軽く回るようにしたので、ドライヤーの冷風でこんな感じに回るw
DPP00000432.JPG

AIRFIX1/72のスピット、基本塗装終わり。上面の迷彩パターンは塗装図見ながらマスキングガムをスパチュラで整えてエアブラシ。作業時間の大部分が段階的なマスキングに要する時間なわけだけど、最後にマスキングを外す瞬間がいいよね。思わずクリア吹く前にキャノピーのマスキングも外しちゃったよ(^^;
DPP00001404.JPG

DPP00001401.JPG

DPP00001402.JPG

DPP00001403.JPG

AIRFIX1/72のスピット、今日は大きめのデカール貼りまでかなー。パキッとしたフォルムがなかなかかっちょいいんだけど、胴体コードの「D」を触って歪めてしまったのでレタッチしないとですね(;´Д`)
DPP00000444.JPG

てなわけでAIRFIX1/72スピットファイアMk.1a完成ですー。ドライヤーの風あててパチリ。なかなかかっちょいい♪
フラットクリアを全面に吹いた後に、ウエザリングカラーでスミ入れとウエザリングを行っています。
DPP00000455.JPG

DPP00000459.JPG

DPP00000460.JPG

DPP00000462.JPG


独爆撃機に迫るこの角度からもバッチリです。空軍大戦略のマーチを流したいですねw
DPP00000456.JPG

DPP00000461.JPG


posted by あらけん at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型

2022年11月29日

リコリコ千束の銃 〜その2〜

DPP00001369.JPG
DPP00001368.JPG
DPP00001339.JPG
DPP00001347.JPG

以前のエントリ リコリス・リコイル 千束の銃 の続きです。


リコリス・リコイル 錦木千束の銃っぽいカスタムをご紹介していますが、その他の銃も多少は手をつけていたりします。
思えば、たきなM&Pはアマゾンで買った中華スポンジ銃のスライドを伸ばしたけど仕上げ放置中でした。スライドはサフ色だけど、なんとなくツートンカラーがそれっぽい…かな?(^^;
FdbMmFAUAAEvaRA.jpg
本当はマルイのM&P9L PCポーテッドを入手してスライド穴埋め工作したいんだけど、品薄かつ転売価格になっているようなので様子見です。ちょうどこの頃にリコリコ放送が最終回を迎えまして、記念にパチリしたのがコレ。
DPP00001301.JPG
ライノ 200DSが写ってますが、自作したレジンの文鎮ですね。ご紹介はいずれそのうち。

本題に戻って久々にリコリス・リコイル 錦木千束の銃カスタム。デトニクスの固定フロントサイト取っ払ってスライドもアリ溝を彫ってハイキャパ4.3のサイトを装着しました。リアサイトは自作3Dパーツのままでも良かったんですが、折角アフターパーツ請求していたのでストライクウォーリアのものに交換。ハンマーとトリガーはM1911A1ミリタリーガバのパーツに交換しました。イイ感じに渋くなったと思います。サイト変えたらホワイトも入ったので自己満足度もアップですw
DPP00001340.JPGDPP00001339.JPGDPP00001341.JPGDPP00001342.JPG
トリガーはガバ用なので突出量が少ないが自分的にはこちらの方が馴染みがあっていい感じ。フロントサイトのアリ溝加工の切り欠きは手加工です。
DPP00001345.JPGDPP00001346.JPGDPP00001347.JPG


前述のとおりフロントサイトはマルイのハイキャパ4.3のパーツですが、実はスライドのアリ溝もハイキャパ4.3のスライド切り取って移植しようとおもってフロントサイトと一緒にスライドもパーツ請求していたのでした。ですが御覧のようにデトニクスのスライドとは断面形状が全然違うので使えず、止む無くデトニクスを加工したのでした。写真の上側がハイキャパのスライド、下が改造途中のデトニクスのスライドです。結果的にその方が早道だったようですが。
DPP00001351.JPG
DPP00001349.JPG
DPP00001348.JPGDPP00001342.JPG
念のためデトニクスのスライドも確保しておこうかとパーツ在庫問い合わせたんだけど、在庫なしとの回答でした。デトニクスも売れてるんでしょうね。

そんな感じで前後サイトとトリガー、ハンマーを交換したうちの千束カスタム銃、同マルイのガバと並べるとこんな感じです。ちなみにガバにはパックマイヤーのラバーグリップが着いてます。30年以上前に買ったものですが、当時から気に入ったガバ系のトイガン買うたびにコレに付け替えてますw
DPP00001355.JPGDPP00001357.JPG
トリガーとハンマーをガバ用に替えたので印象もかなりガバに近くなったけれど、ストライクプレート入れても全長はガバより小さいです。フレームとストライクプレートのラインの繋がりとか、相当試行錯誤しましたので、このバランスがいいんだよなと自画自賛です。

ストライクプレートの固定はブルタックで止めているだけだったんですが、室内で遊んでいても緩んでくるのが気になったので、フレーム下部でネジ止めにしてみました。
DPP00001360.JPG

DPP00001361.JPG
また、ネジ止めにすることで固定強度上がったので内側肉抜きしてあった3Dプリントパーツの隙間に板オモリをありったけ詰め込んでみました。

あわせてアウターバレルもGUARDERのステンレス製のものに交換しています。オリジナルの樹脂製が10gに対して80gあって、こうかはばつぐんだ!前半部分にはグラファイトブラックを吹いてあります。
DPP00001390.JPGDPP00001389.JPG
DPP00001369.JPG

その結果は御覧の通り。マルイデトニクスのカタログスペックは空マガジン装着で634gとありますので、170g以上も重くなりました。とはいえ、マルイのノーマルガバよりチョイ重いくらいですがフロントヘビーなので持った感じはガバとは全然違ってズッシリ来ます。下面の塗装剥がれちゃったので直さないといけませんね。
DPP00001359.JPG

ひとまずここまでで、やれることはやった感じでしょうか。




とはいえ、まだグリップ周りが残ってますね。
なかなかTV放映でもわかりにくく、リコリス・リコイル限定版BD3巻特典冊子の資料も図版が小さくて判読が難しいところですが、グリップセフティは付いてるように見えるなあ…うーむ。



DPP00001398.JPGDPP00001399.JPG
これのフレームとデトニクスのスライドをニコイチするとなんとかなるんでないかなという算段ですが…



DPP00001384.JPG
あひゃーV10ってデトニクスよりフレーム短いのね!知らんかった。

DPP00001385.JPG
スライド長は一緒なのに…。 この組み合わせを採用したとして、最終的に見えなくなるとはいえ、どうしたものか…

DPP00001386.JPG
V10のフレームにデトニクスのスライド乗せるとこんな感じです。フレームが短いのでリコイルスプリングが隙間から見えちゃいますね。

DPP00001387.JPG
ストライクフェイス着けると隙間は隠れるので問題ないと言えば問題ないです。あと、V10のグリップはデトニクスより10mm長いですがフルサイズのガバより10mm短いです。ストライクフェイス付けた時のバランスは、マガジン未装着のデトニクスより良いようにも思います。


ちなみに、グリップ長が違うということは各銃でマガジン長も違います。左からマルイM1911A1同V10同デトニクス同AM.45用の東京マルイ製マガジンです。デトニクスとAM.45の形状的な相違はバンパーの有無だけ。全て上端リップ部からマガジンキャッチまでは同一形状で縦の長さが違うだけなので、M1911A1用はV10にもデトニクスにも合います。ガバメント系の45オートの特長ですね。まあ好きな皆さんには常識とは思いますが一応w
DPP00001388.JPG

ということでまだまだ続く…



2022/11/30付記
DMやメッセージ等でストライクフェイス(コンペンセイター)のデータや複製品の無償提供や販売をお問合せ頂いておりますが、全てお断りさせて頂いております。
また、ワンフェス等の当日版権イベントへ版権申請しての出品予定も、ご要望多ければ考えますが、今のところは考えていません。
続きを読む
posted by あらけん at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記