ブログトップへあらあらこまった堂トップへ

2015年01月14日

艦娘建造(ビスマルク改)〜その2〜

ワンフェスまで残りも少なくなってきましたが、
ワンフェス2015冬に出品予定の「ビスマルク改」(1/8スケール)の続きでありますよ〜。
IMG_2415.JPG



前回blogエントリでは、ワンフェス本申請時の状態でした。

コレですね。
IMG_2210-1.jpg

で、こうなった。
IMG_2419.JPG

ちょいとまだ髪の毛の仕上げが残っちゃってますが、コスチュームのディテールもガッツリ入れました。
IMG_2388.JPG

IMG_2388-1.jpg
ジッパーの表現も10年以上前に作った原型ではエッチングソーをギュッと押し当てて再現したもんですが、今回はBMCタガネを駆使してディテールを入れたので、解像度はかなり上がったように思います。10年以上やってきて、それなりに成長してる気がする瞬間ですねw

艤装はスケールモデルのスクラッチビルドと同じくカッチリとした仕上げを目指します。
細部もイラストに描かれたディテールを拾いますが、実艦の資料を見ながら細部を補強するのはストライクウィッチーズ作ってる時と同じです。
IMG_2186.JPG
IMG_2187.JPG

フミカネ氏の艦娘イラストでは書かれていないところは、実艦資料やスケールモデルのビスマルクキットを見ながら想像を膨らませます。
基本はウェーブの軽量エポパテですが、左右対称と平面出しに気をつければ、ご覧の程度には仕上がります。

IMG_2397.JPG

IMG_2400-1.jpg
上部アーム部に空いている穴は最終的には埋めるんですが、左右部品をくっつけて金属線通して固定するためのもので、左右の部品を貼り合わせた状態で削って同じ形にしてます。
煙突頂部は実艦のディテールを拾いつつ省略してこんな感じになりました。
IMG_2411.JPG

IMG_2413.JPG
探照灯カバーはプラストラクトの0.3mmプラ棒貼ってます。
上部アームには実艦の艦橋のような窓がありますので、エバーグリーンのプラ材を貼り込んで再現します。上部アームの軸受け部分も、ウェーブのプラパイプとMENGのリベットで作りこみます。こういう表現が精密感に効いてくると思います。


砲塔はひとつだけ作って増やします。
バランスを確認しつつ、ひと回り大きくしました。
1番砲塔(アントン)には左右の測距儀が無いので別パーツになってます。
IMG_2414.JPG

IMG_2420.JPG

で、写真の砲身はレジンの暫定なのですが、
キットは主砲と副砲が金属挽き物砲身付属!
しかも、あの
アドラーズネスト特製!
img1256.jpg
詳細は追ってお伝えできると思いますので、お楽しみに。

オイラも信じられないデス!
AN社長の小林さん(グラン大尉)のご好意には感謝してもしきれない程であります。

んでもって、白い砲塔は仮ですが全体像。
IMG_2415.JPG

IMG_2419.JPG

IMG_2417-1.jpg
この後、靴を仕上げて下部砲塔下に付く舵のようなパーツ作って、帽章を追加して部品は揃った!


ワンフェスまであと25日!

posted by あらけん at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア原型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/111774891
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック