ブログトップへあらあらこまった堂トップへ

2016年03月13日

継続高校タワーワゴン

ガルパン劇場版に登場する継続高校のタワーワゴンを作っています。

時間と場所は特定されてるけど、詳細は不明と、今月のモデルグラフィックスには書いてありますね。載ってる写真はこの2枚です。
zzz.jpg
こちらがベース車?のようですが、右側面のボンベはついていないようです。
thumbnail.jpg

ヘルシンキのタワーワゴンで、路面電車の架線工事なんかに用いられる車両だそうで、
元々馬に曳かせて使っていたのが自動車ベースになったようです。
thumbnail22.jpg
この写真は1930年撮影とのことで、雪のヘルシンキは1944年だそうですから、長く大事に使われていたんでしょう。URL先のキャプションには、Omnibusosakeyhtiön Republic と FIAT とありますが、Ford-T型みたいな前の車両がFIATでしょうか? 後方車両は2枚目の写真と同一車両と思われますが、ボンネットにある謎のREPUBLICロゴってOmnibusosakeyhtiön Republicのことなのでしょうか?

で、この車両、ここで色々議論されてました。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=fi&tl=ja&u=http%3A%2F%2Fvaunut.org%2Fkuva%2F97225
車両的にはFord-AAベースのようですが詳細は不明。横に付く2本のボンベは、ガス燃料用のものではないかとありますね。ふむ。


ということで、作ってみることにしました。
ベース車は、上記サイトでもFord-AA系とありますが詳細は不明。とはいえFord-T型の流れをくむ車両であることは間違いなさそうです。ということで、Ford-AAの派生型であるズべズダのGAZ-AAを使ってみることにします。
写真と比べるとちょっと違いますが、まあ細かいことは気にしない(苦笑
xDPP_0055.JPG
xDPP_0062.JPG

タワー部はプラ材でスクラッチでもいいのですが、バランス等見るため何度か作り直す必要がありそうです。

ということで、3Dで作ってみます。
以前から3Dには挑戦しようと思っていたのですが、今回初挑戦ですw

実車も良くわからない状態で細かいこと言っても仕方ないので、
目分量でパパッと作っちゃいます。
名称未設定 2.jpg

で、つい先日組みあがったディアゴスティーニの3Dプリンタ「idbox」で出力してみます。

試作1
まずは大きさだけ合わせてみた感じです。
xDPP_0066.JPG

試作2
ちょいとバランスを変えてみました。
xDPP_0071.JPG

試作3
ホイールベースを伸ばしました。
xDPP_0074.JPG


ちょっと精度が足りないので最終的には使えないかもしれませんが、
上の3枚は部品分割無しの一体出力してます。
結構無理やりですね(笑

試作3で結構ソレっぽくなってきましたが、色々分からない点も多いです。
無題2.jpg
トンボみたいなのの用途は?
(架線を持ち上げたり引っ張ったりに使うんだと思いますが)

後ろの丸いのはケーブル?ワイヤー?
Tower_wagon_1955.jpg
この写真見ると、どうやら架線張る用のワイヤーでしょうか。

あと、昇降のための構造は?
http://www.vertikal.net/en/news/story/9185/
このへん読むと、手動との記載もありますが。ヘルシンキのコレはどうなんでしょう?
thumbnail23.jpg
タワーワゴンでも戦後の型だと、伸縮用の機構として油圧シリンダーやボールねじが確認できますが、ヘルシンキのコレは、1930年には完成していたみたいですので、どうやらワイヤーではしご車のように伸縮する構造なのではと思っています。

まあフィギュア乗せるためのベースではありますが、もう少し調べないとですね。

タグ:1/35 ガルパン
Check
posted by あらけん at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア原型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174464015
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック